葬儀の際に贈るギフトをセレクトするなら

お葬式について

故人の思い出を大切にするために遺品整理を業者に依頼する際は、コチラがおすすめです。業界最安値で丁寧に対応してもらえますよ。

真心のこもった葬儀は横浜の葬祭社で依頼できます。料金プランも豊富で予算と希望に合わせたサービスが受けられます。

小規模になっている葬式

日本ではお葬式は仏式葬儀が主流で通夜、葬儀、告別式という順番で行うのが一般的です。これは今も主流なことには変わりはありませんが、最近はそれぞれの儀式を簡略化して行う傾向があります。 例えば葬儀と告別式を区別しないで行うのが今は普通になっています。もともと葬儀というのは遺族や親族しか参列できない厳粛な儀式でした。そしてその後に一般参列者も参加してみんなで棺を火葬場まで見送るのが告別式という儀式でした。 しかし今は火葬場が併設してある斎場が多いため、従来のような形式で葬儀・告別式を行う光景は見られなくなっています。 また、葬式自体もやらず、火葬だけ行う直葬も増えていて、どんどん葬儀が小規模になってきています。

見積もりを貰えば安心

身内に不幸があったら葬儀会社に葬式を依頼することになります。葬儀会社はいざという時のためにあらかじめ決めておいたほうがいいです。不幸が起きてからではとても冷静になって会社を選んだり、見積もりを取ったりしている精神状態ではなくなるからです。 ネットの見積もり無料サービスを使用すれば、いくつかの葬儀会社に見積もりを提示してもらえるので、葬儀費用の相場が分かります。通夜から告別式まで本格的にお葬式をすれば200万円近くの出費になると言われています。しかし、いくつかの見積もりを比較して高い会社を排除していくことで費用を抑えることが可能です。 費用だけではなく、故人の意思が反映できるお葬式ができるように考えてくれる会社を選ぶことも大切です。

弔電、電報の意味

弔電を送るという言葉がありますが、弔電が何か若い人には分からないかもしれません。なぜ、弔電を送るのか、どうして電報が必要なのか?この事に関して説明していきます。

香典返しのマナー

お葬式では香典を受け取る事になりますが、受け取った場合はお返しをするというマナーがあります。これが香典返しと呼ばれる作法で、この作法にはいくつかの守るべきマナーが存在します。

喪主と見積もり

葬式、葬儀を行う際には喪主が葬式の手配や準備を行います。しかし、若い喪主の場合は経験不足から準備不足や適正予算を把握しづらいなどの問題があり、コレを解決するのが見積もりです。

遺品整理について

家族が亡くなった場合、残された遺族は遺品を整理する必要があります。しかし、どれを捨てるべきか、価値が有るのか無いのかというのは素人では分からないため遺品整理のプロに依頼する必要があるのです。

費用を抑えた霊園

お墓の管理にはお金が掛かるというのが、現代日本の1つの問題となっています。維持費だけでなくお寺への寄付など様々な面で費用が必要です。そこで、霊園を利用すれば維持費だけで解決します。